診療科紹介

公益財団法人柏市医療公社 柏市立柏病院
〒277-0825千葉県柏市布施1-3
04-7134-2000

交通アクセスはこちら

診療受付時間

月曜 ─ 土曜 8:30〜11:00

※救急の場合はお問合せください。

お見舞い時間

月曜 ─ 土曜 13:30〜20:00  日曜 ・ 祝日 11:00〜20:00

小児科

診療科の特徴

photo

「地域のこどもたちの健康を守り、健やかな成長をサポートする」ことを基本理念として考えています。小児科は主に小児(新生児から中学生まで)の内科系疾患を対象とします。ただし耳鼻科や皮膚科などの疾患もある程度までは診ることができます。

小児は決して成人のミニチュア版ではなく、病気の性格も経過も、成人のものとは著しく異なっており、小児科専門医が必要とされる所以です。

中学3年生までのお子様の診察には、保護者の付き添いが必要です。
当院では、中学3年生までのお子様の診療における病状及び治療の説明等については、きちんと保護者にお伝えするべきと考えております。
また、お子様の安全のためにも、保護者の付き添いは必要と考えておりますので、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

入院が必要な軽症の患者さんにつきましても積極的に対応していきます。診察の結果、専門的な入院治療が必要と判断した場合には、近隣の入院施設のある病院へご紹介させていただきます。

ページのトップへ

主な診療・検査内容

photo

外来診療では主に 一般外来、予防接種・乳幼児健診、専門外来を行っております。

一般外来は、月曜日から金曜日の午前・午後および土曜日の午前に行っています。

予防接種・乳幼児健診は月・火・木・金の午後に行っています。事前にお電話もしくは小児科窓口で予約をお取りください。取扱いワクチンは以下の通りです。
ヒブ・肺炎球菌・四種混合・B型肝炎・日本脳炎・二種混合(DT)・ポリオ・インフルエンザ・BCG・麻疹風疹(MR)・水痘・おたふく・ロタウイルス(2価)

photo

(予防接種を受けられる方へ)
予防接種、乳児健診は予約制です。
来院される時は、母子手帳と予診票をお持ちください。

柏市の方は当院に予備の予診票があります。柏市以外の方はお住まいの市から取り寄せた予診票をお持ちください。

診療担当医表はこちら

ページのトップへ

専門外来案内

当院では小児専門外来の充実を徐々に図っております。以前から心配な症状があり大学病院などにかかったほうがよいのか判断ができない場合など、まずは当院の小児科外来にお気軽にお問い合わせください。早期の診察が必要な患者さんには午前/午後の一般外来をご案内させていただき、改めて専門外来にご案内させていただきます。
専門外来とはいえ、当院での診療はある程度の限られた内容になるため、初診時に専門医が診察、および患者さんの状態に応じた初期対応を施行のうえ、さらなる精査加療が必要な場合には適切な専門病院にご紹介をさせていただきます。他院に通院中の方は、主治医にご相談のうえ、紹介状をご持参ください。

神経外来 (中島医師、毎週火曜午後)

神経外来は、発達に支障をきたし社会的に不利益のある子供たちの生活の質を高める治療と、ご家族への育児、介入支援を行う外来です。主な疾患は、てんかん、発達障害(自閉症、注意欠陥/多動性障害、学習障害)、心理社会的障害(心身症、不登校、チック症、精神運動発達遅滞)、自律神経異常(起立性調節障害、睡眠障害)などです。
以下のような症状でご心配な方はご相談ください

  • くびが座らない、ハイハイが始まらない、歩かない
  • 発達遅滞(言葉発達、社会性の発達)、落ち着きがない
  • ぼーっとする、ピクピクする、バタンと倒れる
  • 朝起きられない、いつも顔色が悪い、頭痛が続く、めまい、出来ていたことが出来なくなった など

内分泌外来(長妻医師、毎週木曜午後)

内分泌外来は、ホルモンのバランスに異常をきたすことにより成長に悪影響を及ぼす疾患を診る外来です。成長の過程が診断および治療を検討するうえで役立つため、受診の際には母子手帳や成長記録が残るものをお持ちください。主な疾患は、低身長症、思春期早発症/遅発症、高度肥満、高脂血症、糖尿病、甲状腺機能異常などです。
以下のような症状でご心配な方はご相談ください。

  • 身長が小さいことを相談したい(低身長症)
  • 二次性徴が早く来ている(思春期早発症)、なかなか来ない(思春期遅発症)
  • 体重が重たくて気にしている、生活習慣病が心配
  • 学校検尿で尿糖の異常を指摘された
  • 甲状腺の病気が心配

血液・免疫外来(金兼医師、毎週火曜午前)

血液・免疫外来は、原因不明の発熱が持続したり、重篤な感染を繰り返したりするお子さんがどのような基礎疾患によるものか診療を行う外来です。主な疾患は各種貧血性疾患、血球貪食症候群などの血球減少性疾患、小児リウマチ性疾患、家族性地中海熱、周期性発熱症候群などの自己炎症性疾患、先天性/後天性免疫不全症などです。専門的な治療、検査が必要な場合は東京医科歯科大学附属病院と連携して診療にあたります。
以下のような症状でご心配な方はご相談ください。

  • 原因不明の発熱を繰り返す
  • 重症感染を繰り返している
  • 抗生物質を内服していてもなかなか感染症が回復しない
  • 中耳炎を繰り返している
  • 家系に免疫不全症の方がいるので心配

循環器外来(石井医師、月1回月曜午後)

循環器外来は、心臓機能の異常に伴う疾患について、心臓超音波や心電図などを利用して評価し加療していく外来です。主な疾患は先天性心疾患(心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、ファロー四徴症など)、不整脈(上室性頻拍症、QT延長症候群など)、川崎病後合併症、心筋疾患などです。
以下のような症状でご心配な方はご相談ください。

  • 学校検診などで不整脈、心雑音を指摘された
  • 急にどきどきする、急に意識を失って倒れる(失神)
  • 胸が痛むことがしばしばある
ページのトップへ

医師紹介

中島 啓介
医師名 中島 啓介(なかじま けいすけ)
役職名 小児科医長
所属医局 東京医科歯科大学医学部小児科
専門分野 小児神経
資格・所属学会 医学博士(東京医科歯科大学)
日本小児科学会専門医
日本小児科学会認定指導医
日本小児神経学会専門医
日本てんかん学会
長妻 美沙子
医師名 長妻 美沙子(ながつま みさこ)
役職名 小児科医長
所属医局 東京医科歯科大学医学部小児科
専門分野 小児内分泌
資格・所属学会 日本小児科学会専門医
日本小児内分泌学会
梅原 真帆
医師名 梅原 真帆(うめはら まほ)
役職名 小児科医長
所属医局 東京医科歯科大学医学部小児科
専門分野 小児循環器
資格・所属学会 日本小児科学会専門医
日本小児循環器学会
日本小児周産期新生児学会
野村 莉紗
医師名 野村 莉紗(のむら りさ)
役職名 小児科医長
所属医局 東京医科歯科大学医学部小児科
専門分野 小児内分泌
資格・所属学会 日本小児科学会専門医
日本内分泌学会専門医
日本小児内分泌学会
人類遺伝学会
AHA認定PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
金兼 弘和(かねがね ひろかず)
医師名 金兼 弘和(かねがね ひろかず)
役職名 非常勤
所属医局 東京医科歯科大学医学部小児科
専門分野 免疫不全症、感染症、血液・悪性腫瘍
資格・所属学会 医学博士(金沢大学)
日本小児科学会専門医
日本小児血液・がん学会専門医
日本血液学会専門医
日本造血細胞移植学会認定医
日本小児感染症学会
日本免疫不全自己炎症学会
日本小児リウマチ学会
石井 卓
医師名 石井 卓(いしい たく)
役職名 非常勤
所属医局 東京医科歯科大学医学部小児科
専門分野 小児循環器
資格・所属学会 日本小児科学会専門医
日本小児循環器学会専門医
日本循環器学会
日本小児循環器学会評議員
小西 愛美
医師名 小西 愛美(こにし まなみ)
役職名 非常勤
所属医局 東京医科歯科大学医学部小児科
専門分野  
資格・所属学会  

ホーム

ページのトップへ