看護部紹介

看護外来

公益財団法人柏市医療公社 柏市立柏病院
〒277-0825千葉県柏市布施1-3
04-7134-2000

交通アクセスはこちら

診療受付時間

月曜 ─ 金曜 8:30〜11:00  ※小児科は平日午後13:00〜16:00も受付けています。

お見舞い時間

月曜 ─ 土曜 13:30〜20:00  日曜 ・ 祝日 11:00〜20:00

看護師インタビュー Vol.05

過去の看護師インタビューはこちら

新卒新人で当院に就職し新人教育も全て終わって5年目になります。現在は、医療安全対策委員会、固定チームナーシングのサブリーダーとしてご活躍されているナースマンにお話を伺いました。

写真1
当院に入職されたきっかけはどのようなことでしたか
自分が学生の時に実習した病院は急性期ではなかったのでスキルアップも考えて、勉強していくには急性期の病院がいいかなぁと思って決めました。知人から当院の事を聞き、興味を持ち見学をし決めました。
看護師という職業は周囲の看護師さんの影響もあって選ばれたのですか
もともとは、医療従事者という方向は考えていたのですが、中学生の頃はまだなにもわからなくて介護福祉士とか、自分はスポーツをやっていたので理学療法士とかそういう道を考えていました。何か人の役に立つ事をしたいという思いは小学生から思っていました。
そのきっかけとなった事は、小学校への通学途中で足の不自由な方が歩いているのをずっと見ていて「何かできないのかなぁー」と思っていました。自分が成長していく中で仕事が見えてきて、看護師の仕事も理解できるようになりました。あとは手に職をつけたいと思って看護師を目指そうと思いました。
小学生でそういう体験があるんですね。小学生のころってまだ周りに目がいかないですよね
自分は、喘息で小さいころに何度か入院をしたんです。そういう環境の中で目がいっていたのかもしれませんね。
写真3
5年間を振り返ってみてどうですか。最初はきつかったですか
入職当時は右も左もわからない感じでした。学生の時とのギャップは当然あると思うのですが、「生と死」ということを入職後1ヶ月くらいで体験して怖さがありました。今より重症の患者さんが多かった気がします。今だからそう思うのかも知れませんがその時は怖かったです。(4年間は)あっという間にすぎました。
いつ頃から周りが見えたりするようになりましたか
3年目くらいです。3年目の半ばごろに委員会に出始めました。それまでは、自分の事で精一杯だったのですが、委員会に出るようになり、病棟の中で責任を感じるようになりました。自分が担当した委員会は安全委員会でした。委員になる前もインシデントレポートを書いていましたが、委員となってからは意識が大分変りました。委員会や医療安全の研修を通じてインシデントレポートがこれだけ重要だったんだということもわかり、レポートの結果をみんなに伝えてしていく中で、考え方もかわったと自分の中で気づきました。
委員会のメンバーにもなり病棟での役割も変わってきましたね。ますます輝きを増していきますね
今年度は、安全委員会の活動でBLS研修を実施しています。いろいろな役割があって、ちょっとめいっぱいで心配です(笑)。去年までは、委員会だけでしたが、今年は固定チームのサブリーダーにもなっているので、委員会だけの時とは全然違います。
新たな役割が増えてどのようなところが違いますか
責任というか、周りを見るところが違います。周りをみていないといけないし、自分が発信していかないといけない立場なのですが、そこが足りないところです。どういうふうに伝えれば相手に伝わるのか、伝える立場になって考えるようになりました。だんだんプレッシャーが・・
写真2
看護師をしていて印象に残った場面などあったら教えてください
自分の中でこれって言う場面はありすぎるのですが、自分は、患者さん・ご家族への接し方は意識するようにしています。意識して関わってきた患者さんや家族も結構覚えていて声をかけてくれたり、退院後会った時などに「ありがとう」と言っていただけることがいつもうれしいです。患者さんご家族の気持ちをくみ取って積み重ねていくのがいいと思います。最初はどのように関わったらいいのかとか悩みはありますが、接し方に注意していってそういう反応があるとがんばろうと思えます。
落ち込んだ時もあると思いますがその時はどのように気持ちを変えていくのですか
結構ためてしまうんですが・・やっぱり、聞いてもらって、愚痴をもらします。休みの日は、オン・オフを切り替えていったりもしています。
この先どのようなナースになっていきたいですか
今は、安全とかスキルアップするチャンスをもらっているのでそれを継続してやっていきたい。指導したりする場面もありますが、コミュニケーションが苦手なのでそこを強化したいと考えています。

編集後記

photo

副看護部長
認定看護管理者

田口 真由美

インタビューでは、久しぶりにゆっくりとお話を伺うことができました。1年目、2年目のころにはなかった表情の柔らかさや語りを聞くことができ、この4年間のさまざまな場面から多くの事を学びとった事がわかりました。意識して関わり対象の変化を実感しそれを糧にし、成長し続けていく姿は、周囲の人に良い影響を与えてくれると思いました。

ホーム

ページのトップへ